【関連動画】YouTube関連動画に表示させる5つの方法

今回は投稿した動画の関連動画に表示する方法をお伝えしたいと思います。
関連動画の表示するための確実は方法があるわけではありません。

ベースに今からお伝えする内容を設定してもらい、その後少しずつ
チューニングが必要になってきます。
参考でご覧いただければと思います。

同じタイトルを設定

投稿動画のタイトルをチャンネル名を固定して
表示させることをおすすめします。
動画タイトルの最後に、チャンネル名や企業名等を入れると、タイトルを同じにしておくと、システム上では関連ということが認識されやすいというのは、わかりますよね?
動画タイトルはその都度決めてもらえればと思いますが、
動画タイトルの後ろはデフォルトで設定することをおすすめします。
ちなみにタイトルをデフォルト設定することが可能です。

ex)動画タイトル | チャンネル名

説明文にチャンネルの説明を記載

説明文にデフォルトにチャンネル説明を記載すると、関連動画に出やすくなると考えられます。
大切なのは、チャンネルの説明ではなく、同じ文章や同URLをチャンネルの動画説明文に記載することです。

どのような動画でも、同文章にするためにはチャンネル説明や企業説明が一番自然になります。なので、チャンネル説明を記載することをおすすめします。

同URLとは、企業URLやTwitterURL等のSNSURLや、
より関連動画で表示させたいもので動画URLを記載すると、関連動画に出やすくなります。

デフォルトで説明文は設定できますので、
固定して、表示させたい説明文は設定しておくと、だいぶ楽になると思います。

固定のハッシュタグを1つ設定

ここ1,2年で動画タイトル上に3つまでハッシュタグを設定することが可能になりました。
実際ハッシュタグを設定したからといって、ハッシュタグ検索されるのは少ないのは現状です。
ただ、私はVSEO観点から設定しておいた方があんぱいだろうと思います。
YouTube側はハッシュタグが有り、無しでどのように検索に影響されているかわからないからです。
だったら、ハッシュタグを設定した方がマイナスになることはないと思うの、設定した方がいいと思います。
関連動画統一して、1つだけ固定でハッシュタグは設定し、あと2つは動画ごとに変更するのがいいのはないかと思います。

説明文に動画URLを記載

これは有名は話。説明文に動画URLを設定すること。
説明文に設定した動画URLと関連があると思わせる手法です。
だたし、気をつけないといけないのは、全くチャンネルも動画としても関係のないURLを貼っても、無駄ということ。(もしかしたら今もまだ効果あるかも。)
この話はだいぶ昔の話なので、これで関連動画に表示させましょうと言われても信じない方がいいかも。。

<説明文に記載した方がいい動画URL>
・再生させたいおすすめ動画
・再生回数が高い動画
・他チャンネルを真似した場合のソース
・コラボした場合の他チャンネルのコラボ動画
などなど

ここで気をつけないといけないのは、URLを貼りすぎても逆効果になる可能性も。

固定のタグを設定

説明文でデフォルトでハッシュタグを設定することができます。
投稿している動画のジャンルやチャンネル名など、一貫して動画に関連しているハッシュタグを~5個設定しておきましょう。
すると、他の動画とも5個ハッシュタグが同じなら、この2つの動画は関連動画なのだろうとし、関連動画に表示されやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?
関連動画表示をさせる対策をしっかりした方が、ファンもつきやすいので、
ぜひやってみてください!

質問なども受付ますので、お問い合わせからお送りください。
また、代理でYouTube運用も行いますので、お気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です