YouTubeで必要なVSEO(動画SEO)とは

youtubeの画像

YouTubeで商品やサービスを告知するために利用していたり、
YouTuberが動画を宣伝したいといった人はVSEO(動画SEO)対策を行うことをおすすめします。
まずVSEO(動画SEO)とはというところからお話をしていきます。

VSEO(動画SEO)とは


動画のSEO(検索エンジン最適化)のことを指します。
Video Search Engine Optimizationの略でVSEO(動画SEO)と呼びます。
SEO対策などは良く聞いたことがあるかと思いますが、
VSEO(動画SEO)はYouTubeが有名になって、現れた言葉なので、あまり聞いたことがない人も多いと思います。
ただ、今後VSEO(動画SEO)は当たり前に言われるようになると思うので、覚えておいた方がいいです。

VSEO(動画SEO)対策の方法

HPやブログのSE0対策は、文字などを認識して、判断されますが、
VSEO(動画SEO)で認識するのは、動画や音ではありません。
現代の技術では、動画や音声を読み取ることができないので、
タイトルや説明文、タグ等を設定することで、VSEO(動画SEO)対策が可能になります。
では、動画内容はなんでもいいかということではなく、
YouTubeはユーザー主義なので、クリック率と離脱率などのデータから、この動画は上位表示していいかなど、判断します。
動画内容とタイトル、説明文の内容が一致していることは最低限必要です。

VSEO(動画SEO)のメリット

ユーザーの目に触れる率が高くなる

キーワードを検索し、1ページ目に表示されている動画をほとんどのユーザーはクリックします。
さらに、ユーザーは、検索だけでなく、「おすすめ動画」や「関連動画」で動画と動画を移動していきます。 
しっかりとVSEO(動画SEO)対策することによって、「おすすめ動画」「関連動画」に表示することもできます。
YouTubeのユーザーは日本で、ネット人口の8割は利用しており、18歳~20歳の若年層は約9割が利用しています。
若者をターゲットにするなら、必ずVSEO(動画SEO)対策を行った方がいいでしょう。

中長期的に流入が見込める

広告をかければ、費用をかけた分だけ効果が見込めます。
ただ、VSEO(動画SEO)は費用をかけるというより、時間をかけます。
YouTubeの大きな変動がない限り、VSEO(動画SEO)対策を行うと中長期的に流入が見込めます。

ブランディング効果

VSEO(動画SEO)のメリットで一番効果があるのは、ブランディングではないでしょうか。
検索した時、一番上に、表示されていたら、ユーザーは「このキーワードで有名なんだな」と考えると思います。
自然信頼性が増し、問い合わせも増えてくる可能性があります。

VSEOのデメリット

即効性がない

VSEO(動画SEO)には、時間がかかり、早くても1ヶ月以上時間がかかります。
また、競合が多いキーワードを狙おうとすると、1年かかることもあります。
キーワードによりますが、半年くらいは、我慢強く運用を行っていくのをおすすめします。

動画が大量に必要になる。

最低でも30本~50本以上動画が必要になってきます。
また、継続して動画をUpしていく必要があります。
動画制作の費用もかかってくるので、実はあまりYouTubeを活用した企業は、まだ少ないのが現状です。
だからこそ、この期を逃さず先行投資することによって、ビジネスを成功させられるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
YouTubeを活用する上でVSEO(動画SEO)は必ず設定した方が良いとされているので、
VSEO(動画SEO)の相談や動画制作の相談、VSEO(動画SEO)対策を代わりに行ってほしいなどはお気軽にお問い合わせください。
今後は、YouTube関連でVSEO(動画SEO)対策方法や、YouTubeが今盛り上がっている情報などを発信していきたいと思います。

お問い合わせはこちらから
https://furutablog.com/contact/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です