ビデオタグ付けの最適な個数やタグの選び方

今回はタグつけの数や、VSEO(動画SEO)的にいいタグ付け方法をお伝えします。タグ付けについては、いろんな議論がされています。
個数は数十個つける方がいい。という意見や5~6個つけるのがいい。
という意見。様々な意見ありますが、今回はある根拠を用意して個数を出したいと思います。
タグにはビデオタグとチャンネルタグの2種類ありますが、今回はビデオタグについて、ご説明したいと思います。

ビデオタグの個数

ビデオタグは様々な個数を付けているYouTuberがいます。
5個程度の人もいれば、30個以上付けているYouTuberもいます。

私がおすすめしたいビデオタグの個数は20個です。

その理由としては、vidiqというツールが、20個が最適とされているからです。
vidIQはYouTubeが公認しているツールです。
そんなvidIQでおすすめしているビデオタグの個数は20個程度です。
よって、私がおすすめするビデオタグの個数は20個がいいのではと考えています。

vidIQはこちら

Google Chromeからダウンロードができ、追加した後に無料登録をすると、利用することができます。

タグの選び方

まず、大前提に、タイトルで記載している単語を設定してください。
そして、説明欄に記載している検索されたい単語を設定していきます。
最低でも5個は設定してください。

検索されたいワードを検索ボリュームから、検索されているワードを瀬テチするのはいいですが、どのくらい再生されているかでタグの選び方は変えた方がいいでしょう。

よく再生されているチャンネルは検索ボリュームから、よく検索されているワードを入れるのはいいと思います。

ただ、まだ再生されていないチャンネルの設定は、よく検索されていないワードではなく、少し検索されているワードを選択しましょう。
検索されてはいるが、それほど多くないワードで1位を狙うことをおすすめします。
スモールワードで少しずつ再生されるように設定していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
タグはネット上でいろんな議論されているので、
絶対これという個数はありませんので、一つの参考としてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です