再生(視聴)数をあげるために、確実に必要な考え方

今回はYouTubeで再生(視聴)数を増加させるための基本的な考え方を発信します。
まずユーザーがどのように、動画にたどり着き再生(視聴)するのかをお伝えします。

検索から再生(視聴)

どんな人でも考えるのは検索ですよね。
キーワードを検索し、表示されている動画をクリックすることで動画を再生(視聴)します。これは、HPのSEO対策と同じですね。

チャンネル登録から再生(視聴)

チャンネル登録するためには、基本的に一度チャンネルの動画を視聴してから、登録します。
チャンネル登録しているユーザーは、もうあなたのファンといってもいいでしょう。

チャンネル登録をしているユーザーにも実は2種類います。
・新着動画通知をONに設定しているユーザー
・新着動画通知をOFFに設定しているユーザー

通知をONに設定していると、動画をUPした時に、登録したユーザーに通知がいきます。
通知をONに誘導することができれば、チャンネル登録者からの再生数(視聴数)も自然と増えるかもしれません。

おすすめ動画から再生(視聴)

YouTubeのホーム画面に行くと、下の方にん「あなたへのおすすめ」という文字でおすすめ動画が表示されています。
YouTubeには、ユーザー1人1人に合わせて、おすすめ動画が表示されます。
「動物動画」をよく見ているユーザーには、基本的に動物の動画をおすすめされ、「お笑い動画」をよく見ているユーザーには、お笑い系の動画が表示されます。
おすすめ動画から動画をクリックし、再生(視聴)するユーザーも多いです。

関連動画から再生(視聴)

関連動画は一番重要視してもよいでしょう。
ユーザーは毎回検索して、動画を探すわけではありません。
動画視聴後や視聴中に、関連動画を見て動画から動画に移動していくのです。
ほとんどのユーザーは関連動画から、動画視聴したことはあるでしょう。
対策することによって、競合動画からユーザーを奪うこともあります。
なので、関連動画は再生数(視聴数)を増加させるために、必要重要なのです。

再生リストから再生(視聴)

再生リストは、YouTubeをBGMで音楽を聴いていたりすると、利用したことがあると思います。
再生リストは自動再生されて行くので、シリーズごとや人気動画で再生リストを作成して、動画を視聴していきます。

カードから再生(視聴)

YouTube機能の1つにカード機能というのがあります。
YouTubeをよく見ている人は一度は見たことあるでしょう。
動画視聴後に、こののようなカードを表示することができます。
このカード機能を使って、チャンネル内の動画に誘導することができます。

外部から再生(視聴)

外部とはYouTube外の媒体のことを言います。
例えばTwitterやfacebook等です。
動画をTwitterで再生(視聴)させることもできます。
さらに、TikTokからYouTubeに誘導して行くこともできます。
TikTokでの再生はYouTubeの再生(視聴)回数にはカウントされませんが、
YouTubeに誘導することは可能です。
ただし、媒体ごとの特徴、特性があるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
動画を再生(視聴)させるにも、様々な方法があるので、戦略を立ててから行うことが必要になってきます。
動画の内容によって、向き不向きがあるので、しっかりと考えて対策していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です