チャンネル登録者数を増やす5つの方法

今回は私がおすすめするYouTubeチャンネルの運用方法をお伝えしたいと思います。

YouTubeチャンネルをしっかりと運用していくことで、チャンネル登録者は増えることはもちろんのこと。
動画でコメントが増えたり、仕事の問い合わせを受ける可能性が上がります。
チャンネルの在り方から、日々気をつけることなどなどをお伝えします。
ご参考までにご覧ください。

YouTube運用とは

YouTube運用とはYouTubeチャンネルを管理するということです。
チャンネル管理とは動画投稿を行う。コメントを返信する。動画を改善する。
などなど

YouTubeチャンネルをよりよくするために、視聴者とコミュニケーションをとったり、PDCAサイクルを回すということです。

YouTubeチャンネルの考え方

YouTubeチャンネルとは、テレビでいうところの番組です。
テレビ番組には、ある特定のファンがいたり、アンチがいたりします。
誰に対しても面白いと思わせるのは、正直不可能と言っていいほど難しいです。
1人に面白い、もっとみたいと思わせることはあまり難しくないことだと思います。そのようなファンを作って、チャンネルを見てもらう。
そのような人を増やすことで、チャンネルが潤っていきます。
チャンネルとは、そんな特定のファンを作る番組作りと考えていくことをおすすめします。

日々気をつける内容

そんなファンを作るために、これから紹介する内容を気をつけて、チャンネル運用をしていってほしいと思います。

チャンネルの方向性に一貫性を持つ

歌のチャンネルだと思いきや、時にはお笑いも行う。時にはゲームも行う。
そんな軸がブレブレのチャンネル運用を行なっていくと、動画ごとに再生数はあるかもしれませんが、ファンを増やすことは難しいです。

なぜなら、視聴者は目的がありチャンネルを訪れるからです。
あなたのチャンネルを例えば、歌チャンネルとします。
あなたの歌を聞きたいからチャンネル登録するのに、ゲーム実況をしていては
このチャンネルで視聴者の欲を満たせないと判断されるからです。

よって、チャンネルははじめに、どのようなチャンネルにするかしっかりとプランニングして、始めることをおすすめします。
別ジャンルの動画を投稿したいので、あれば別チャンネルを作成する。または有名になり、ファンを離れない状態してから行うことをおすすめします。

再生リストを活用する

再生リストを活用してください。
再生リストは毎回動画を選択する手間を省くことができ、視聴者をファンにさせる近道みたいなものです。
再生リストの活用方法は歌チャンネルであれば、「カバー曲」「オリジナル曲」「バラード」「盛り上がり曲」「洋楽」「邦楽」などといった歌ジャンルの中にあるジャンルで分けるようにしましょう。

SNSと連携する

最近始めた方はYouTubeのみで再生数をあげることは正直難しいです。
最近だと、検索する学習系動画なら可能性はありますが、日常系などの動画は少々厳しいです。
SNSを連携することで、初速を上げていきます。
Twitterでは動画投稿したとお知らせツイートしたり、TikTokでは、動画ダイジェスト版を投稿したりして、動画に誘導していきましょう。

継続投稿する

これは、YouTubeをやろうとしている人は知っている人が多いと思いますが、
継続して動画を投稿しましょう。
1日に1回投稿をしなさいと言っている訳ではありません。
3日に1回、1週間に1回、頻度を決めて、投稿していきましょう。
SEO的にもプラスと見てくれます。

コメントを無視しない

動画はGoodコメントやBadコメント様々なコメントが付いてきます。
コメントに反応してあげることで、視聴者にあなたのコメント見てますよ。
しっかりお知らせしてあげましょう。
そうすることで、またコメントしようと思ってくれます。

まとめ

いかがでしたか?
運用は地道のものが多いですが、着々と行なっていくと、しっかりとあなたのファンになる視聴者も増えていくと思います。
視聴者がどうされたら嬉しいのかを基準に考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です